集団か個人か。自分のスタイルにあった選択を

医学部の予備校には2種類ある

医学部の予備校は医学部の合格を目指した予備校です。国公立大学や私立大学などのコースに分けられていて、志望校に合わせた指導が受けられるのが特徴です。実力アップや受験を見据えたスケジュール管理をしてくれます。予備校によっては有名講師が在席していたり、インターネットで授業を受けることが出来たりと様々なサービスを行っているのです。

医学部の予備校には集団授業と個別指導の2種類あります。集団授業は数人から数十人の予備校生が集まって、同時に皆で授業を受けるスタイルです。個別指導は講師と生徒が1対1で授業をします。予備校を選ぶときには自分の勉強スタイルや実力を考慮して、集団授業なのか個別指導なのかしっかり選んで入学するようにすることが大切です。

集団授業と個別指導のそれぞれのメリットは?

効率良く勉強をしたい、一気に知識を詰め込みたいときには集団授業がぴったりです。ある程度基礎が出来ていればスピーディーに勉強することが出来ますし、時間の節約にもなります。また集団授業は仲間と一緒に切磋琢磨して合格を目指すことが出来ます。辛いこともある医学部の受験では励まし合える仲間を得ることでやる気もアップしますし、悩みも相談しやすくなるのです。精神的な支えが出来るのが集団授業の良いところです。仲間が欲しい、誰かと競い合いながら勉強したい人は集団授業を選択します。

個別指導の良いところは、丁寧な指導が受けられる部分です。まだ基礎がしっかり出来ていない、合格するための実力はまだ無い人には個別指導が向いています。さらに自分で勉強のスケジュールを作ることが出来ない、勉強方法が分からないときなどは個性指導を選んで徹底的に指導して貰うことも大事です。

医学部の予備校の個別指導を受けることで集中して勉強ができます。個人ごとに専用のカリキュラムを組んでくれるところもあります。